Loading...

カリキュラム・実習

カリキュラムについて

基礎から応用までしっかり修得できる
充実のカリキュラムです。

本校の基本は“やさしさ”を学ぶこと。そして、深い教養と人間性豊かな看護師の育成を目的としています。大学や大学院の教授陣、総合病院の先生方、そして経験豊富な専任教員の指導のもと、カリキュラムの充実が図られています。それにより、基礎科目、医療に関する専門基礎科目、専門科目など、あらゆる医療の現場で活躍する真の看護師として活躍できる技術を身につけられます。

基礎分野

基礎分野では、教育と人間の成長・発達の関係を学び、看護の機能としての教育的役割を果たし、職業人としての生涯教育の必要性を理解する【教育学】や生活している人間を理解し、論理的思考を形成できるよう考慮して【倫理学、心理学、人間関係論、社会学、論理学】などを設定。看護に応用する基礎的力を養うことができます。

  • 科学的思考の基盤
  • 人間と生活・社会の理解

専門基礎分野

専門基礎分野では、看護を行うために必要な、人間の体と心のしくみと働きを理解する【解剖生理学】、健康の保持・増進、疾病回復のために行われる保健医療福祉のシステムについて学ぶ【社会福祉】など、専門分野を学習するために必要な基礎的知識を習得するための力を身につけられます。

  • 人体の構造と機能
  • 疾病の成り立ちと回復の促進
  • 健康支援と社会保障制度

専門分野Ⅰ・専門分野Ⅱ

専門分野Ⅰでは、生活支援の専門家として的確な看護判断を行い、適切な看護技術を提供するための知識や技術、実習を行います。専門分野Ⅱでは、専門分野Ⅰで得た知識・技術・態度を活用し、あらゆる健康レベル、あらゆる発達段階にある対象の看護の必要性が判断でき、適切な方法で援助できるための基礎的知識・技術・態度を習得します。

専門分野Ⅰ
  • 基礎看護学
  • 臨地実習
専門分野Ⅱ
  • 成人・老年・小児・母性・精神看護学
  • 臨地実習

統合分野

基礎分野・専門基礎分野・専門分野Ⅰ・Ⅱで学習したことを、より臨床実践に近い形で学習し、知識・技術を統合させる分野です。あらゆる医療活動の場にある対象の看護の必要性を判断し、適切な方法で援助するための看護実践能力を養います。

  • 在宅看護論
  • 看護の統合と実践
  • 臨地実習

独自性

鹿児島鍼灸専門学校を姉妹校にもつ本校では、専門基礎分野で東洋医学の授業の取り組みを行っています。

実習について

病室を忠実に再現した実習室で、
触れ合う心を育む。

国立病院や総合病院の協力を得て、先進の医療設備・器材を用いて質の高い臨地実習が行えます。

実習のポイント

POINT

技術演習では学生同士が看護師、患者役をし、いかに安楽で安心した援助を提供できるかを試行錯誤しながら取り組んでいます。
臨地実習ではそれらの事を生かし、対象の個々に合わせた援助計画を立て、指導者や先生方にアドバイスを頂きながら実施していきます。

援助計画・演習・指導

実習内容

仲間と互いに励まし合い看護師としての
「技術」と「心」を学びます。

1年次

ベッドメイキングや血圧測定など、基本的な技術を学びます。

2年次

新生児の沐浴や扱いなど、やや高度な技術について演習します。

3年次

集中した「臨地実習」。少人数のグループに分かれ、いろいろな病院や施設で実習を行います。現場の看護師や患者さんに実際に接して行うこれらの実習経験は、将来の仕事を認識することのでき る絶好の機会です。